アブクゼニ+ブログ=アブログ。

<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

torneのトルネフを羊毛フェルトで作ったよ:その3
羊毛フェルトトルネフ
トルネフが完成したので、今度はトルネフさんの大好物甘栗を作ります。
参考に…と甘栗を買いに行ったんだけども、剥いちゃった栗しか見当たらず。
セブンプレミアムのむき甘栗を参考に作るよ。
……しかしパッケージ写真が見やすかったので、結局中身じゃなくて
パッケージ見ながら作ることに。
027.2
樹脂粘土と水彩絵の具。
乾くと多少色が変わる気がするし、上からトップコートも塗るし
色作りが難しいですね。
027.3
こんな感じかな……と試行錯誤。
表面に水付けてやわらかくしてから爪楊枝でなでると
ほそーいキレイな溝が作れました。
手前は丸めただけの段階ね。
027.5
乾かしてトップコート塗って完成。
左の大きい二つは本物の甘栗です。
作ったのは、甘栗っていうより渋皮煮っぽいかなぁ。
028
トルネフに甘栗をおそなえ。
そんなこんなでこれにて全て完成です。
羊毛フェルトトルネフ
手のひらにトルネフ。

----------------------------
前回作ったクマは体の中にワイヤーを入れて作るタイプだったんだけど
今回は中まで全部羊毛フェルトなので、結構適当にニードル刺しても
危なくないってのがとても良かった。
可動させたい場合以外は、自分はワイヤーは要らないなーという感じ。

鳥は形がころりんとしてて、羊毛フェルト向きなんだろうなー。
しかし前回と変わらず、完成させた後はあーもうしばらくいいや…って
達成感に包まれすぎてイカンですね。
しかしトルネフはほんとかわいい。
早く公式フィギュア出ないかな。




torneのトルネフを羊毛フェルトで作ったよ:その2
010.1
樹脂粘土と色付け用の絵の具。
粘土はパジコ モデナ250gをamazonで買って
絵の具は手持ちのアクリルガッシュと水彩絵の具。
粘土に混ぜ込んで着色するのは水彩絵の具、乾いてから彩色するのは
アクリルガッシュを使うのですね。
010.2
くちばしを作ります。
粘土に黒い絵の具を混ぜて……
010.3
このくらいかな。
010.4
くちばしの形にします。
奥は余った粘土で閉じた口も作ってみたバージョン。
012
口の中を赤く塗ったよ。
013
本体と合体させる為の爪楊枝を刺して、トップコートを塗ります。
マニキュアがお手軽っぽいので、ダイソーのジェルネイル(風)トップコートを。
014
顔にくちばし装着ー。
キリで穴開けて、爪楊枝部分を差し込んで接着剤でくっつけた。
015
目をつけます。
ぬいぐるみ用のさし目が欲しかったんだけども
近場で売ってる物はちょっとサイズが大きかったので、ビーズにした。
こういうのは手にとって選びたいものだねぇ。
017
目が付いた!!
目の周りはちょっとくぼんでる方がかわいいかな?と
ニードルでちくちくしました。
016
足が生えた!!
018
手が生えた!!
……ら、手が重くて自立しなくなってしまったので
019
しっぽと背中に増毛。
背中がぼこぼこしてますが、あとでちゃんとします。
017.1
頭つるりんなトルネフさん。
020
頭のキレイな羽の代わりに、毛を生やしていきます。
021
二色目。
022
色の毛を差し込んでいったら頭がどんどん沈み込んできたので
白い毛も足しつつ、ちくちく……
023
うっかりしてたら、頭の毛じゃなくてたてがみみたいになっちゃった。
一度引き抜いて修正して、短く切ったら……
羊毛フェルトトルネフ
完成☆
毛の処理が甘くて放電してるかのようですね。
ニードルでちゃんとちくちくしても飛び出てる毛は、ハサミで切って
処理するんだってさ。
羊毛フェルトトルネフ
ということで、ゲーム置き場にトルネフ。
羊毛フェルトトルネフ
本物のトルネフ(壁紙)と競演。

----------------------------
トルネフは完成したけれど、まだちょっとだけつづきます。






torneのトルネフを羊毛フェルトで作ったよ:その1
twitterでトルネフのかわいらしさに打ちのめされたので
勢いで作り始めます、羊毛フェルトトルネフです。
4年程前に羊毛フェルトを頑張りたくて色々買い集めたものの
白いクマを一体作って力つきるという、すばらしい見切りの良さで
その後完全に封印されていましたが、まさかまた日の目を見る日が来るとはね!!
----------------------------
トルネフ
torneチームでアルバイトするオウム。
レイディに優しいジェントルです。
→tornev公式プロフィール
----------------------------
001
ということで、紙にトルネフを描いてみて形を一応頭に叩き込み
白い羊毛を丸めたらスタートです。
002
しばらくザクザクしてると、ちょっとした棒状に。
最初は3本のニードルでやってたけど、結局1本のが楽かも。
003
まだザクザク。
胴体がどれだけちゃんと固まってるかが大事!!ってのは
白いクマ作った時に得た少ない教訓なのです。
004
突然作業が進んで、胴体に太ももとしっぽが付いたの(左上)と
もあもあの二つは、トルネフの腕(羽)になるものです。
005
ババーン。
トルネフは手が大きいから…と作ったものの
さすがにこれは大き過ぎるので
006
チョキン。
羊毛フェルトはこうやって修正が自由自在なのがいいんだね。
007
手の先につける、カラフルな羽部分を作ります。
丸めて刺して小さい棒状にして…
008
手に付けます。
右が表側、左は裏側なんだけども、ニードルで刺すと裏側にも色が混ざって
出てくるので、裏側にも羊毛を足して補修。
009
ふわふわ部分が終わったので、足の作成に取りかかります。
柔らかめのワイヤーをペンチで曲げて曲げて足っぽい形にして…
010
そこにフェルト巻いてちくちくしようと思ったんだけども
滑るしワイヤーの先端見えちゃうしで思った以上にうまくいかん。
ので、マニキュア塗って滑り止め兼ワイヤー色隠ししたり
色々試したけど、さっぱりうまくいかなかったので
011
爪楊枝と樹脂粘土でなんとかした。
樹脂粘土触るの初めてだったんだけども、とても乾燥しやすくて
あんまりいじり倒してる猶予も無いのね。
水で表面撫で付けながら作るとなめらかになるよ!!ってのは
全ての作業が終わってから知りました。

----------------------------
足の造形には延々悩みつつ、つづきます。




アブクゼニ+ブログ
書いてる人:マツ村
熱しやすく冷めやすいので、話題が色々とっちらかり気味。

サイトトップ
アブクゼニ。

どうぶつの森ブログ




ピュアスマイルエッセンスマスク
あまりにもお気に入りなので、香りごとの感想を一覧にしてみました。
→ピュアマイルマスク香りまとめ
→ピュアマイルマスク香りまとめ:コラボ版

カテゴリー
ヒビログ〔日々の記録〕
ソトログ〔お出かけ記録〕
イヌログ〔ワンコズ記録〕
モノログ〔物欲記録〕
モグログ〔食べ物記録〕
ニョキログ〔子宝草育成記録〕
ネトログ〔ネット徘徊記録〕
ドルログ〔ドールの記録〕
フィギュログ〔フィギュア記録〕
ゲムログ〔ゲームの記録〕
イラログ〔イラスト置き場〕
ツクログ〔作成記録置き場〕
QP〔ご当地キューピー〕
記事まとめリンク